スマート書庫

   

ニュース&トピックス

  • 2021/08/27

    三井倉庫ビジネスパートナーズ株式会社と株式会社LegalForceが 契約書の保管業務で提携

    三井倉庫ビジネスパートナーズ株式会社(代表取締役社長:和田 泰彦、以下「MBP」)は株式会社LegalForce(代表取締役CEO:角田望)が提供する「LegalForceキャビネ」のユーザー向けに、書類保管サービスを提供することを目的とした業務提携をいたしました。

     

    〇業務提携の背景

     

    新型コロナウィルスの感染拡大を受け、企業における在宅勤務への移行が進み、ペーパーレスのニーズが高まっております。「LegalForceキャビネ」は、契約書管理の効率化を叶える「AI契約書管理システム」です。締結済みの契約書をアップロードするだけで、全文をテキストデータ化し、AIが管理台帳を自動生成します。契約書の検索時間と管理工数は限りなくゼロになり、スマートな契約書管理を実現することが可能です。

     

    また、在宅勤務への移行を受けて、オフィススペースを縮小するなどオフィススペースの有効活用の動きも進んでいます。オフィス内にある書類を外部へ保管することでオフィススペースの縮小が可能になることから、社内にある書類を外部へ保管するニーズが高まっています。

     

    ※紙の契約書をスキャンしてデータを保持するだけでは、法定上の保管要件を満たすことができず、紙を法定年限まで保管・管理する手間を省くことはできません。

     

    〇業務提携の内容

     

    株式会社LegalForceが展開する「LegalForceキャビネ」のお客様向けに、書類を外部保管できるサービスを提供します。同社が販売代理店としてMBPが提供している「三井倉庫のスマート書庫」を紹介することになります。

     

    「LegalForceキャビネ」のお客様は契約書管理を進めるとともに、過去の書類を外部倉庫に預けることで、オフィススペースの縮小や有効活用が可能になります。

     

    〇「三井倉庫のスマート書庫」の概要

     

    「三井倉庫のスマート書庫」は2014年にサービスを開始した書類保管サービスで、契約手続きから保管までの手続きがWebで完結する手軽さと月の保管料100円というリーズナブルな価格が好評で、1,000社を超えるお客様にご利用いただいています。

     

    「三井倉庫のスマート書庫」については以下のリンクをご参照ください。

    https://書類保管.com/

     

     

    ■三井倉庫ビジネスパートナーズ株式会社 概要

     

    ●所在地:東京都港区海岸3-22-23

    ●設 立:2001年10月1日

    ●事業内容:ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)事業、コンタクトセンター、バックオフィス、ロジスティクス、アーカイビング 等

    https://www.mbp-co.net/

     

     

    ■株式会社LegalForce 概要

     

    ●所在地:東京都江東区豊洲3-2-20

    ●設 立:2017年4月21日

    ●事業内容:法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守

    https://legalforce-corp.com/

    「LegalForceキャビネ」については以下のリンクをご参照ください。

    https://legalforce-cloud.com/cabinet

     

    【本サービスに関するお問い合わせ先】

     

    ■三井倉庫ビジネスパートナーズ株式会社 経営企画部 柴田 立山

    【 TEL 】 03-6400-8600 FAX:03-6400-8619

    E-mail:mbp_keiki@mitsui-soko.co.jp

    https://www.mbp-co.net/

     

    ■三井倉庫ホールディングス株式会社 経営企画部広報室

    【 TEL 】 03-6400-8017 FAX:03-6880-9900

    E-mail:kouhou@mitsui-soko.co.jp

    https://www.mitsui-soko.com/