スマート書庫

溶解について

溶解処理サービス

不要になったオフィスの機密書類や、保存期間が過ぎた倉庫へ保管中の文書箱などをお客さまの手間をかけずに、安全・確実に抹消します。

溶解処理サービスの特徴

  • ①倉庫へ預けたまま、溶解処理が可能
  • ②溶解証明書の発行
  • 溶解処理施設の立ち会いはできかねます。
  • 毎月20日までのご依頼分の文書箱を翌々月中に提携の製紙工場にて溶解処理いたします。溶解処理対象の文書箱は、翌々月の保管料の対象からは除外いたします。
  • スマート書庫では、「保管中」ステータスの文書箱のみ、溶解廃棄の指示が可能です。
  • 「保管中」ステータス後、すぐに廃棄のご依頼をいただいた場合の費用は、預入料¥500+文書箱料¥300+保管料¥200(2か月分)+溶解廃棄料¥500=¥1400/箱となります。(お預入れ当月20日迄にご依頼いただいた場合)
溶解証明書

弊社

  • ①ウイング車での輸送 密閉型車両にて運搬します
    → 輸送中も機密を保持します

提携先製紙メーカー

  • ②箱ごとコンベアへ ダンボール・バインダー・クリップ・ホチキス等の仕分けは行わず、そのまま溶解炉へ投入します
  • ③溶解炉へ投入 溶解し、紙とそれ以外のものを分離・異物を取り除きます
  • ④箱ごと溶解処理 汚れを洗い落し、滅菌・漂白します
  • ⑤再生紙へリサイクル 製紙加工を行いリサイクル商品へ再生します(板紙、ダンボール等) 
  • 機密文書の完全な抹消
  • 廃棄処理コストの削減
  • 環境への配慮